ボルダリングは、楽しく、安全に、気軽に取り組めるスポーツです。ボルダリングの魅力やはじめ方を紹介。

ボルダリングをはじめよう!

ボルダリングの基本的なテクニック

更新日:

最低限知っておきたいボルダリングの基本テクニック

ボルダリングの視線の動かし方と足の使い方などボルダリングのコツを説明します。

ボルダリング

ボルダリング視線の動かし方と足の使い方

ボルダリングは壁を登っていくため、どうしても上ばかりを見てしまいます。そのため足をのせる位置が雑になってしまい、滑って落下する、あるいは力が入らず結果的に腕の力で体を持ち上げてしまうのです。

参考:初心者のボルダリング入門・上達方法

そんな事態を避けるためには、どのホールドに足をのせるのかを見ることが大切になります。しっかりと捉えることができたら、改めてどのホールドを掴むのかを見上げれば良いのです。

ボルダリングの初心者は土踏まずや足の指の付け根あたりをホールドにのせてしまいます。一見すると安定するのでこれが正解のように感じますが、体が壁に張り付いた状態になってしまうため、太ももを持ち上げるのが困難になる場合が多いです。

これでは次の目標を探せない上に、意外と足の自由が効きません。なるべく親指全体をホールドの上にのせるようにしておくとスムーズに登れます。

ボルダリングその他のコツ

基本的なことが覚えられたのなら、すぐにボルダリングを始めてみたいところですが、その前に数歩下がって壁全体を見渡してみましょう。どこを掴んで足をのせるのかをある程度頭の中に入れておくのです。

登りながら考える人も多いですが、それだとしがみついている時間が長くなるので疲労します。その点、あらかじめ決めておけばスムーズに登れるというわけです。

どう考えても届かないホールドだったとしても、いくつかのボルダリングテクニックを覚えておくと簡単にクリアできる場合があります。例えばホールドの上で左右の足を入れ替えてみるというのもその一つです。

右足で立っていると右側に移動しにくいですが、左足にすると体を右斜め上に持ち上げやすいです。他にも手でつかんでいるホールドに足を引っ掛ける、または体を上下左右に振って勢いをつけ飛びついてみるといった練習をしておけば、登れる壁が増えます。

参考:ボルダリングの着地方法は?

-ボルダリング

Copyright© ボルダリングをはじめよう! , 2018 AllRights Reserved.