ボルダリングは、楽しく、安全に、気軽に取り組めるスポーツです。ボルダリングの魅力やはじめ方を紹介。

ボルダリングをはじめよう!

そもそも、ボルダリングってなに?

更新日:

ボルダリングの基礎知識

屋内でのボルダリング、野外でのボルダリンなど、ボルダリングの基礎知識を紹介します。

ボルダリング

屋内でのボルダリング

ボルダリングとは、靴とチョークだけを道具として、岩を登るスポーツのことです。岩に金具を打ち込んだりせず、素手と足だけで岩登りをします。ボルダリングの練習ができるボルダリングジムがあります。

初心者から上級者まで、様々なレベルのトレーニングができます。屋内に設置された人工の岩壁には、手掛かり足掛かり(ホールド)が設置されていて、それぞれのレベルに対応できる設計がなされています。

上級者向けには、庇のように突き出たオーバーハングの登攀も練習できるようになっています。ボルダリングジムでは、練習中に落下しても、床には分厚いマットが設置されていますので、危険な姿勢での落下でない限り、怪我をする心配がありません。

そのため、ワンランク上の難しいコースに挑戦することも、比較的気軽にできます。ボルダリングジムでは、場合によって年齢制限されることもありますが、基本的に誰でも利用可能です。

参考:初心者必見!ボルダリングを始める前に知っておくこと

野外でのボルダリング

屋内での練習を充分に積んでからですが、野外での天然の岩をボルダリングで登ることも行われます。この場合、屋内でのボルダリングとは違って、危険度も相当に大きくなります。

ボルダリング専用の靴は、岩登りに特化した靴で、靴底に緩衝材を入れていない特殊なもので、低い位置から落下して地面に足から着地したら、足に多少のダメージを受けることがあります。

そのためもあって、クラッシュパッドと呼ばれる携帯式マットを持参して、地面に敷くことになります。靴とチョーク以外の道具は使わないボルダリングですが、屋外で使うクラッシュパッドは例外です。

参考:絶対持っていきたい外岩でボルダリングをするための持ち物

野外でボルダリングを楽しむ時は、なるべく複数の人数で行き、各自持参したクラッシュパッドを広げたり重ねたりして、安全性向上を図ることが望まれます。複数人数で行けば、マット移動役やスポッター役を果たす人員を確保できます。

スポッターとは、地面の位置で両手を斜め上に差し出して、落下して来た登攀者の肩を支えて、マットの正しい位置に正しい姿勢で落ちるようにする役回りの人のことです。

-ボルダリング

Copyright© ボルダリングをはじめよう! , 2018 AllRights Reserved.