ボルダリングは、楽しく、安全に、気軽に取り組めるスポーツです。ボルダリングの魅力やはじめ方を紹介。

ボルダリングをはじめよう!

初心者のボルダリング入門・上達法

更新日:

ボルダリング初心者が上達するために覚えておきたいこと

ボルダリングの足の使い方と腕の使い方のコツを説明します。

ボルダリング

ボルダリングの足の使い方について

ボルダリング初心者が上達するためのコツはいろいろありますが、中でも覚えておきたいのは足の使い方です。どうしても足全体に体重をかけてしまいがちですが、体の自由が効かなくなってしまいます。

初心者用の簡単なコースでは良いのですが、レベルが上がっていくと急に登れなくなるといった状態に陥ります。そのため初めから足のつま先、特に親指をホールドにのせる癖をつけておきましょう。

壁と体に隙間を作ることができるため、足を自由に動かせるようになります。すると方向転換が容易なって、なおかつ遠くにあるホールドに届くため登りやすくなるのです。

慣れないうちは接地面が少ないので、滑るかもしれないという恐怖心があるかもしれません。そこでまずは、落下しても問題がない高さでホールドにのって確認してみるのがおすすめです。

ボルダリングで使用するシューズを履いていると滑りにくいことがわかれば、安心して登れます。

参考:初心者のためのボルダリングシューズの選び方

ボルダリングは腕の力を使わない

ホールドを手で掴むと、そのまま腕の力で体を持ち上げようとする人が多いです。ところがすぐに痺れてきて、下手をすると腕を上げられなくなる場合も珍しくありません。

理由は簡単で、足に比べると腕の筋肉の方が小さいからです。体重のすべてを腕だけで支えると負担が大きいため、基本は足で登ることです。

それから初心者は落ちたくないという心理が働くせいか、ホールドを力一杯に握りしめしてしまうのですが、それだと握力が持ちません。指で引っかける感じにしておくと、長く登っていても疲労は少ないです。

そして腕は曲げないのも大切で、常に真っ直ぐに伸ばしておくことを心がけたいです。どうしても腕がだるくなってきたら、片腕ずつ体の横に垂らしてみたり、ホールドの上でしゃがんでみたり、または体を横にずらすなどをして楽な体勢を探しましょう。

参考:ボルダリングの基本的なテクニック

-ボルダリング

Copyright© ボルダリングをはじめよう! , 2018 AllRights Reserved.